img_01

注意点

iPhoneのセキュリティ対策と言っても、ウイルスやトロイの木馬など迷惑をかけるプログラムであるマルウェアを対象とする場合と、通信傍受や乗っ取りを対象にする場合では取るべき手段が大きく異なります。パスワード漏えいの防止やApple IDの適切な管理というのもある意味ではセキュリティ対策と言えますので、iPhoneにはセキュリティ対策が不要ということは決して無いのです。

また、iPhoneではシステムの制約上、App Storeで公開されるアプリは他のアプリが使用する領域に直接アクセスができない仕様となっています。ですので、いわゆるウイルスキャンは実行が困難なのです。AndroidアプリストアであるGoogle Playにおいては、たくさんのウィルス対策アプリを確認できますが、同等の機能を持つアプリはApp Storeには存在しないので注意が必要です。

iOSには通信内容を暗号化して安全を保つための機能がもともと含まれており、その多くはインターネット上において標準化された仕様となっています。例えば、iOSにおけるSSL実装、SecureTransport、HTMLエンジンであるWebKitは仕様に由来するセキュリティホールが発見されることがあり、そのつどAppleは速やかにOSのアップデートを公開しています。脆弱性解消を目的としたシステムアップデート、セキュリティアップデートは、OSの機能向上とは関係なく実施されます。放置すると攻撃を受ける可能性があるので、最新版のOSが公開された際に関しては、できるだけ速やかに更新作業を行うように注意しましょう。